お盆に実家で母と昔話をしていたら、父が帰ってきた件

普通の日々

去る8/12お盆の仏花を届けに実家へ行った時、母と2人で、亡くなった父のことを話していた時のこと。

突然、キッチンの照明器具がジジジッと音をたてて1度だけ瞬いた

母と顔を見合わせ、「お父さん帰ってきたね。」と同時に言い合った。実はちょっとだけ悪口を言っていたのだった。

せっかくあちらの世界からきゅうりの早馬に乗って帰ってきてみれば、(そもそも仏教ではないのできゅうりもなすも供えてはいないが)妻と大事に育てた一人娘が、お盆だと言うのに自分の悪口を言っている!

父にしてみれば、たまったもんじゃないよねー。

お父さんごめんねごめんねー(^o^;

しかし母はと言えば、私じゃないわよと言わんばかりに、しらーっとしている。母は強し?

その母はといえば、極度の怖がりで、おばけや幽霊の類が特に苦手。いつも仏壇に手を合わせる時は「お願いだから出てこないでください。」とお祈りしている。そんな母を慮ってなのか、父は一度もそれらしいサイン(それらしいサインってなんだろ?)を送ってこなかった。

なのに今回はお盆ということもあり、私と母と二人でいる時ならいいかなーと思い、いたずらしたに違いない!

コメント

この記事を書いた人
たんたんたぬき

  よく寝てよく食べよく笑い
  近い将来可愛いおばあちゃんになる
  のが目標のアラフィフ大人女子♡
  好きな言葉は「棚からぼたもち」
  趣味はお酒と読書と映画鑑賞

たんたんたぬきをフォローする
タイトルとURLをコピーしました